A 富士吉田商工会議所THE FUJIYOSHIDA CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY

Yahoo! JAPAN



富士吉田ブランド
ホームページはこちら



テスト運用中
景況調査 WEB解答
クリック
スマートフォンからは↓



商工会議所会報 折込サービス

詳細はこちらをご覧ください

 空き店舗情報

空き店舗情報

会員ホームページリンク



商工ふじよしだ

富士吉田商工会議所
メールマガジン
商工会議所では会員事業所を対象にメールマガジンサービスを行っています。

毎月10日配信
(10日が休業日の場合翌営業日)

ご希望の方は
メールに事業所名氏名を記載しこちらにメールをお送りください。

発明相談会

 発明相談会は原則”事前予約制”になります。
ご希望の方は
開催日の前日午前中までに
 富士吉田商工会議所
 TEL24-7111
までご予約下さい。
日程など詳細はこちらをご覧ください。



富士山モール
参加店募集中


応募・詳細は こちら

富士山型パンフレット

富士山名産品会の
自慢の逸品はいかがですか


吉田のうどんマップ

こしの強い吉田の
うどんをご賞味ください


富士吉田市商業連合会


 富士吉田商工会議所に加入しませんか?
商工会議所   入会方法  会館案内  会議所日誌 富士吉田産業ビジョン
  環境行動計画  経営発達計画支援計画
地域情報  富士山  観光情報  初任給/最低賃金  エリアデータ 
税務関係  空き店舗情報 国税庁  タックスアンサー  確定申告
各種証明  貿易証明(原産地証明) JANコード 
会員サービス  健康診断  PET診断   優良従業員表彰
共済制度  各種共済制度 中小企業倒産防止共済 小規模企業共済 中小企業退職金共済
保険  厚生年金(日本年金機構) 健康保険(協会けんぽ)  労働保険
60周年
記念事業
 
 創立60周年記念事業お土産品大賞受賞商品
 

ハタオリマチのハタ印ホームページ
 『ハタオリマチのハタ印』は、100年後も富士山の自然に囲まれた美しいハタオリ産地として様々なヒトがいきかい、モノやコトが生まれる活き活きとしたハタオリ産地を実現する為のプロジェクトです。
このハタオリマチをより良い形で次の世代に繋ぐため、富士吉田市・西桂町全体で新たな挑戦に取組みその意思の印として「ハタ印」をかかげます。

経営計画を策定しましょう

あなたの会社は、5年後・10年後の将来像を、
明確に描くことができますか?


 経営計画は、会社の将来の目標やビジョンを達成するために「現在なすべきこと」を明らかにしていくために必要です。
経営計画が不明瞭で、会社の方向性が見えない状態では、今何をすべきか素早く判断することは難しく、先になって「あの時こうしておけば」と後悔することもあります。また融資を受ける時にも、計画がないと資金調達に支障をきたすことも多々あります。
変化の激しい外部環境に対応していくためにも、しっかりと経営方針を明確化して、経営計画を作りましょう。

トピックス
平成29年度補正予算
小規模事業者持続化補助金
 公募開始しました

公募期間 平成30年3月9日(金)~5月18日(金)【当日消印有効】

  • 経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます。
  • 計画の作成や販路開拓の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます。
  • 小規模事業者が対象です。
  • 申請にあたっては、地域の商工会議所へ「事業支援計画書」(すべての事業者)、「事業承継診断票」(代表者が60歳以上のすべての事業者)の作成・交付を依頼する必要があります。依頼はお早めにお願いします。
 ◆ 募集要領(持続化事務局サイトより)
 ◆ 応募書式(持続化補助金事務局サイトへ)

 詳細は持続化補助金サイトhttp://h29.jizokukahojokin.info/をご覧ください。
■事業主・従業員のための健康診断のご案内


IT導入補助金

 足腰の強い経済を構築するため、日本経済の屋台骨である中小企業・小規模事業者が取り組む生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等のIT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。
 自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

補助対象経費  ソフトウエア、クラウド利用費、導入関連経費等
補助金の限度  15万円~50万円 
補助率       1/2以内
一次公募申請  4月20日(金)~6月4日(月)
事業実施期間  交付決定日以降~9月14日(金)

二次公募申請  6月中旬から8月上旬<予定>
交付決定日    8月中旬<予定>

三次公募申請  8月中旬~10月上旬<予定>
交付決定日    10月中旬<予定>

※公募に関する詳細はこちらのサイトをご覧ください。


平成30年度地域創造企業補助金
「地域創造的起業補助金」は、新たな需要や雇用の創出等を促し、我が国経済を活性化させることを目的に、新たに創業する者に対して創業に要する経費の一部を助成(以下「補助」という。)します。
※本補助金の対象となる事業の実施に当たっては、国が行う補助事業と同様に、『補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律』の規定が適用されます。

公募期間 平成30年4月27日(金)~平成30年5月22日(火)当日消印有効
       ※電子メールによる応募は平成30年5月26日(土)17時締切

1)既存技術の転用、隠れた価値の発掘(新技術、設計・デザイン、アイディアの活用等を含む。)を行う新たなビジネスモデルにより、需要や雇用を創出する事業であること。
(2)産業競争力強化法第2条25項に規定される特定創業支援事業を受ける者による事業であること。
(3)金融機関からの外部資金による調達が十分見込める事業であること。
(4)地域の需要や雇用を支える事業や海外市場の獲得を念頭とした事業を、日本国内において興すもの。

補助率 1/2

補助金額  外部資金調達がある場合 50万円以上~200万円以内
        外部資金調達がない場合 50万円以上~100万円以内

※詳細は地域創造的企業補助金のホームページをご覧ください。


平成29年度補正 事業承継補助金
事業承継補助金は、事業承継やM&Aなどをきっかけとした、中小企業の新しいチャレンジを応援する制度です。
経営者の交代後に経営革新等を行う場合(Ⅰ型)や事業の再編・統合等の実施後に経営革新等を行う場合(II型)に、必要な経費を補助します。

平成27年4月1日~平成30年12月31日の間に事業承継を行う必要があります。

募集期間 書面応募:2018年4月27日(金) ~ 6月8日(金)当日消印有効
       電子申請:2018年5月下旬 ~ 6月8日(金)締切

応募申請時の
事業の規模
補助率 補助金額の範囲 事業転換により・廃業登記費・在庫処分費・ 解体費及び処分費・原状回復費がある場合の 上乗せ額
・小規模企業者
・従業員数が小規模企業者と同じ規模の個人事業主
3分の2
以内
100万円以上
~200万円以内
廃業登記費・在庫処分費・解体費及び処分 費・原状回復費として +300 万円以内 (補助上限額の合計は 500 万円)
小規模企業者および従業員数が小規模企業者と同じ個人事業主以外 2分の1
以内
100万円以上
~150万円以内
廃業登記費・在庫処分費・解体費及び処分 費・原状回復費として +225 万円以内 (補助上限額の合計は 375 万円)

※詳細は平成29年度補正事業承継補助金ホームページをご覧ください。
■出張メンタルヘルス講座(富士東部保健福祉事務所)(外部リンク)
■「夏の富士五湖おトクーポン」掲載店舗の募集について(一般社団法人)富士五湖観光連盟
■キャッシュレス化時代への対応モバイル決済端末機(ipod)を貸し出します(富士吉田市)
■サイクルスタンドdeおもてなし(富士吉田市)
ゴールデンウィークにおける年次有給休暇取得促進について(外部リンク)
■平成29年度「やまなしエコ通勤・エコ通学トライアルウィーク」のお知らせ(外部リンク)
■「今日から始める事業承継」~事業承継計画作成のポイント~(外部リンク)
■「やまなしモノづくりデザイン塾」「デザイン特別講座」のご案内
■山梨県の最低賃金の改定
■価格交渉サポート事業 公益財団法人 全国中小企業取引振興協会
■雇用保険の届出にマイナンバーの記載が必要です
■国の教育ローンのご案内
■山梨県警察より~サイバー犯罪撲滅に向けて~
  文書ファイルの新たな悪用手口に注意!
■労働契約法に基づく「無期転換ルール」への対応について
■~山梨県の「働き方改革」の推進について~ 山梨労働局
■厚生労働省「仕事と介護の両立支援事業」
■中小企業庁「下請等中小企業の取引条件の改善に向けて」
■官民人事交流制度の紹介~内閣府からのお知らせ~
■インバウンド旅行者の利便性向上のための 受入環境整備事業補助金
■人材採用・育成「関東の元気な企業を紹介!」採用情報メール配信サービス
■ミラサポ 未来の企業応援サイト
■山梨県ノーレジ袋推進協議会 参加企業募集


日本商工会議所では、会員はじめ地域事業者および各地商工会議所に有益な情報をタイムリーに提供できるよう「電子ライブラリー」(ネット上の書庫)を整備しております。
同ライブラリーでは、日商および各地商工会議所、行政機関等が作成した中小企業の経営に資する各種資料、ガイドブック、パンフレット等を電子書籍形式で提供させていただきます。

 ザ・ビジネスモールは、日本全国の企業を応援する商取引支援サイトです。商工会議所・商工会の会員企業のビジネスマッチングを促進します。
 自社をPRしたい、自社の技術・強みを知ってもらいたい、ビジネスパートナーを探したい、仕入先を見つけたい、複数の企業から見積をもらいたい、販路を拡大したい等、貴社の課題解決にお役立てください。
現在、24万社以上が登録。登録は、無料です!

 ビジネス書式&相談事例集

様々なビジネス書式が
年間6,000円
で利用できます



 富士吉田商工会議所
403-0004 山梨県富士吉田市下吉田7-27-29
TEL0555-24-7111 FAX0555-22-6851
検定情報
■簿記検定試験
合格者番号発表

検定試験ページ
商工会議所CM
「魅力を伝える・つなげる篇」
「ビジネスはもっと繋がる篇」
セミナー・相談会 

■法律相談会
 5/18 13:30~16:00
 締切 5/10 17:00まで
 ※要予約

 平成30年度記帳相談日一覧
特別相談日
個別記帳相談日 5月22日
10:00~16:00
発明なんでも
相談日
※要申込み
5月8日
13:00~16:00
社会保険相談日
6/13河口湖商工会
5月9日
9:30~16:00
※各相談日12:00~13:00除く

職業訓練法人
富士吉田職業訓練協会HP

英語版富士五湖
レストランガイド
設置希望の会員の方は
商工会議所までご連絡ください。

 日本商工会議所では、商工会議所会員企業の皆様が自社のエネルギー使用量や二酸化炭素(CO2)排出量を簡単に把握できるよう、インターネット上に「チェックシート」を用意しております。毎月の電気・ガスなどの請求書やガソリン・灯油等の領収書を用意し、入力するだけでCO2排出量と一次エネルギー使用量を自動的に計算して表示します。














農林水産省 ホームページ